天仙液の注意点

天仙液の注意点

天仙液の注意点

tenseneki

 

天仙液・天仙系列製品は、その人の体質や体調によって下記のような反応(解毒作用)が出ることがあります。こ了承の上、注意してこ使用下さい。

 

  • 発疹
  • 発赤
  • 痒み
  • 動悸
  • めまい
  • 食欲不振
  • 悪心嘔吐
  • 下痢
  • 便秘
  • 腹痛
  • 胃痛
  • 頻尿
  • 喉の刺激

 

 

天仙液・天仙系列製品に関する使用上の注意事項

 

他の薬や健康食品との飲み合わせ

主に心臓病の薬であるジギタリス系製斉1を内服されている方は、服用の際は医師の半」断・管理の元で服用して下さい。

 

ジギタリス系製剤以外の西洋薬や健康食品との併用の際は、同時にとらず、薬とは1時間ほど、健康食品とは30分ほどおあけ下さい。

 

控えていただきたい飲食物

過乗1にアレルギーを引き起こす可能性のある食べ物や刺激物、アルコールなどの摂取はなるべくお控え下さい。

 

また、グレープフルーツや柿に含まれる成分が天仙液の効果を阻害する可能性があるのでなるべくお控え下さい。大量の力二、エビ、鶏皮の摂取もなるべくお控え下さい。

 

保存方法

製品は冷暗所に保管して下さい。賞味期限は製造発売日より3年間となっております。

 

以下に該当する場合は、こ使用はお避け下さい

 

  1. 妊婦
  2. 15歳以下の子ども

     ※成長期が終わつて以降は飲むことは可能ですが、20歳以降が基本となります。特に、乳幼児に服用させたい場合には、医師の判断の元、こく少量から飲むようにして下さい。

  3. .急性期の出血(吐血、咳血、下血)をされている方や輸血時

     ※慢性出血(粘膜からの出血)は、飲むことは可能ですが、服用後の出血状況をみながら服用量を調整し、出血等の不快感がひどい場合等にはすみやかに使用を中止し、主治医に相談するようにして下さい。

 

以下に該当する方々は、主治医と相談の上、こ使用下さい

  1. 心臓病(ジギタリス系製剤を内服されている)の方
  2. 糖尿病でインシュリンを用いている方

     ※天仙液にはこく少量ではありますが糖分が含まれております。

  3. インターフェロン治療を受けている方
  4. 人工透析をされている方

     ※透析を受ける当日は飲まないで下さい。

  5. 手術・気管切開

     ※術後2週間後から、体調に合わせて服用量を調整して飲むようにして下さい。

  6. 抗がん剤を24時間持続点滴されている方

     ※24時間点滴であつても、抗がん剤ではなく栄養補充斉1や痛み止めを服用されている時間帯には天仙液の同時服用が可能です。抗がん斉」点滴の場合は、前後1時間おあけ下さい。


 天仙液|TOPに戻る

TOPページ サイトMAP