漢方によるがん治療

漢方によるがん治療

漢方によるがん治療

kanpou

漢方によるがん治療とはどのように作用して、どのようにがんへの治療効果が得られるのか

 

中医学(漢方医学)は、経験医学の宝庫と言われています。

 

それは中国において何千年もの間、漢方薬をはじめ民間療法を用いて疾患を克服してきた貴重な経験を有しているからです。

 

中医学は、中国の価値ある遺産の一つなのです。古典医学書には、がんに関する病因メカニズムや、自覚症状として身体に出てくる病気の特徴及び治療方法が詳細に記載されており、がんに対する系統的認識が確立されています。

 

それらの多くの理論と方法は現在でも中医学の臨床治療をリードしており、すばらしい効果を上げています。

 

では、漢方薬によるがん治療とはどのように作用して、どのような治療効果が得られるのでしょうか。

 

漢方薬と癌

 

1つめは、中医学のがんに対する認識が合理的であるということです。

 

例えば、正邪説、弁証論理などは、がんの発病メカニズムと病症の期間や予後、またがん治療に重要な意義をもたらすとされています。

 

 

2つめは、中医学はがん治療に対する処方や臨床治療がすべて実践経験の総括であるということで、長い実践により証明された経験医学です。

 

 

3つめは、多くの漢方生薬自体に抗がん作用が確認されているということです。

 

例えば、現在一般的に用いられている植物出来の抗がん薬の多くが、漢方生薬の有効成分です。これらの成分は、がん細胞に対し直接、あるい|よ問接的な殺傷作用があります。

 

 

4つめは、多くの滋養強壮作用を持つ漢方生薬は、生体防御反応を調節、活性化するということです。

 

また、がん細胞の発生を抑止・抑制し、がん細胞を殺傷する働きもあります。漢方薬のなかには放射線治療、化学治療と併用すると相乗効果が高まるばかりでなく、副作用を緩和させるものもあります。

 

また、手術による衰弱、機能失調も回復、あるいは改善できることも実証されています。

 

 

 

このように、漢方生薬はがんの治療、またはがん補助治療に用いることで、高い治療効果が期待されます。

 

正しく使用さねれば、漢方生薬は各種のがん治療に有効であるということです。

 

comment
現在、がん治療においては中西医結合医療が広く取り入れられるようになりました。これは、中医学によるがん治療の重要な役割と位置づけによるものといえるでしょう。


 天仙液|TOPに戻る

TOPページ サイトMAP