血圧について

血圧について

血圧について

 

血圧の高低は癌と直接の関係はありませんが、癌以外の合併症を引き起こすリスクを上げる厄介な存在です。

 

ここでは血圧を下げるにはどすうればいいか。高血圧に関する基本的な知識をまとめつつ解説します。

 

カリウムの摂取が一番の予防

calcyum

 

高血圧の方は、カリウムをしっかりと取ることが重要となります。

 

カリウムを取るために、まずは、カリウムが豊富に含まれている果実や野菜から取り入れることが何よりベストと言えるでしょう。毎日、定期的に取り入れるこそ、血圧を下げることに繋がるのです。

 

特に、バナナとリンゴは、食物繊維が豊富ですので、便秘や大腸がん、動脈硬化の予防にもなります。家系が高血圧の方が多い場合には、バナナとリンゴを積極的に食べることが最も大切です。

 

バナナとリンゴをジュースにして飲むことも一つの手段です。

 

しかし、予防になるからといって食べ過ぎはよくありません。

 

また、果実などの糖分は、食べ過ぎることで肥満に繋がってしまいますので、十分に注意していきましょう。1日で食べる量はバナナ1〜2本、リンゴは半分を目安に取り入れてみましょう。

 

野菜を取る場合には、できるだけ、生で食べられるものを選ぶように心掛けていきましょう。

 

ただ、カリウムが不足してしまうと、高血圧だけではなく、心筋梗塞や糖尿病などの様々な病気を引き起こす恐れがあるのです。

 

高血圧の原因でもあるナトリウムを、なるべく制限しながら上手にカリウムを取っていきましょう。

 

血圧を下げる料理

血圧は塩分の多い食事を摂らないことは大切ですが、血圧が下がる料理を食べることによって更にに血圧を下げることができるかも知れません。

 

血圧を下げる食品の中にはカリウムと呼ばれているものがあり、これらにはミネラルが非常に多くふくまれれています。

 

塩分が少ない食事を摂ることは大切ですが、塩分ばかりについて絞ってしまうと、逆にストレスが溜まってしまうこともあるため、カリウムが入っている食品を食べることによって、塩分を排出することが大切です。

 

カリウムが含まれているのは、ほうれん草、ヒジキ、切り干し大根、アボガド、昆布、マイタケ、きくらげ、シイタケ、などです。

 

そのため、塩分を排出するにはこれらを利用した料理を作ることで、血圧を下げることができるのではないでしょうか。

 

また、ほうれん草とジャガイモのスープなど、カリウムが少しでも入っている食品を入れることによっても血圧を下げることができる可能性があります。

 

カリウムの食品が入っている食品を使うことで、料理を作るのもいいかもしれません。

 

マグネシウムを取らないことによって血圧が上がってしまう場合もあるため、マグネシウムを多く含んでいる食品で料理を作ることによっても血圧を下げることができる可能性があります。

 

マグネシウムを多く含んでいるのは、わかめ、なまこ、大豆、青のりなどなため、これらを利用してスープを作ったり、朝に大豆が使われている豆腐を食べることによっても高血圧を下げることができるのではないでしょうか。

 

高血圧とアルコールの関係

 

高血圧とアルコールは、聞いただけで血圧が上がりそうな感じがしますが、実は、適度に飲む場合なら、アルコールには血管を圧迫するのではなく、拡張され、血圧が下がる可能性があります。

 

しかし、下がるからといって過剰に摂取してしまうと、脂肪になってしまうため、動脈硬化を促進させてしまいます。

 

お酒やビールなどを一日に5本など飲んでいたり、1日に1本ではなく、それ以上に飲んでしまうと、動脈硬化が起きやすくなり、血圧が逆に上がってしまうため、気を付けなくてはなりません。

 

逆に、少な目に飲むことによって、高血圧を下げる効果もあるため、お酒を飲む場合にはうまく組あわせるこも必要です。

 

また、お酒のつまみを多くするのではなく、少なくすることによっても塩分を取りすぎることがないため、高血圧を下げる際には利用できます。

 

個人差はありますが、アルコールで有ればさげてくれる可能性があるため、このお酒が駄目ということは有りませんが、少な目で飲むことは大切です。

 

食べ過ぎや飲み過ぎは、どんな食品だろうと高血圧だけではなくさまざまな病気を招きやすい可能性が十分にあるのです

 

アルコールを摂取する際も摂取する量に注意をし、自分で決められない場合には身近にいる人にアルコールの量はここまでと決めてもらうのもいいでしょう。

 

飲まなくてはならない酒の席でも、お酒は少しだけにして、血圧をまずは下げるようにしましょう。

 

妊婦と高血圧の関係

ninpu

 

高血圧と妊娠には、関係があり、妊娠前にはなくても、妊娠して、中期に入ってくると高血圧やむくみなどが、出てしまう場合があります。

 

妊娠中に、高血圧が起きてしまうと、赤ちゃんに異常を出してしまう恐れがあるといわれてます。

 

しかも、現在では、妊娠中になってしまうこの症状は、高血圧が原因となっているため、他の妊婦よりも、慎重に見て貰わなくてはなりません。

 

このことを過去では、妊娠中毒症と呼んでいましたが、医療が発展し、原因は、高血圧ということが分かったため、妊娠高血圧症候群といった病名になりました。

 

高血圧には、なっておらず、蛋白尿のみの場合は、妊娠蛋白尿といわれ、むくみがある場合は妊娠浮腫と呼ばれています。

 

妊娠高血圧症候群になってしまうと、重症の場合には、血液が流れにくくなってしまい、胎盤を利用して、赤ちゃんは栄養を貰っていますが、これができなくなってしまい、赤ちゃんは栄養不足や酸素不足になりやすくなります。

 

栄養が足りないため、体重が少なかったり、脳に酸素が行き渡らず、亡くなってしまうこともあります。高血圧と妊娠は、非常に恐ろしく、母体や赤ちゃんが危険になってしまう可能性が、非常に高いのです。

 

そのため、妊娠をした場合には、定期検診を行い、血圧を日常で測ることも大切なのではないでしょうか。

 

高血圧と更年期の関係

 

高血圧の更年期では、主に、血圧が不安定で、さらに、変動しやすいと考えられています。

 

例えば、病院で血圧を測定すると高くなったり、イライラや睡眠不足などが原因で血圧が高めになったりと、ちょっとした日常生活の中で変動しやすい時期と言われています。

 

特に、冬は高くなり、夏は低くなるというように、季節などによっても異なります。そのため、ご自身の血圧を判断しやすくするためにも、日頃から、血圧の動きを把握しておくことが最も重要です。

 

また、更年期は、特有の不安やストレスが深く関係しています。

 

さらに、めまいや動悸がある場合でも、不安になりがちで、イライラがどんどん増していきます。

 

そのため、血圧が上がると同時に、不安やストレスが増すということは、非常に悪循環を起こしやすいのです。

 

ただ、いつもより血圧が不安定であったり、変動しやすい場合には、高血圧の更年期と疑って、早急に受診を受けるようにしましょう。

 

毎日健康でいるためにも、自分自身で、きちんと健康管理をし、守っていくことが第一優先となります。

 

comment
このように、血圧測定は、採血などの手間がかからずに、日々、手軽に測定をすることができますので、習慣づけて測定を行いましょう。多くの女性の健やかな未来へと繋がることでしょう。

 天仙液|TOPに戻る

TOPページ サイトMAP